凱旋門賞2着馬エルコンドルパサーの意外な一面が話題

競走馬の性質‐知能 wikipedia

例えば引退後に社台スタリオンステーションにて繋養されていたエルコンドルパサーは、 冬に道が凍結していた時にその道で足を滑らせ、怪我は無かったものの転倒してしまった。それからというもの彼は、冬場にその道を通行する際には非常に注意 深く歩くようになったという。さらに夏場でも、撒いた水で道路がキラキラと光っているのを見て非常におびえ、ひどいときは恐怖のあまりひざをついてしまう こともあったらしい。

米国生まれで11戦8勝(2着3回)という完璧に近い成績、海外でも好成績を残したことから屈強なイメージが先行していた。

スポンサードリンク