2013年から1月から降着・失格のルールが変更に
【2012年までのルール】
走行妨害が、被害馬の競走能力の発揮に重大な影響を与えたと裁決委員が判断した場合、
加害馬は被害馬の後ろに降着
走行妨害により被害馬が落馬・競走中止した場合、加害馬は失格

【2013年からのルール】
降着
入線した馬について、「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と裁決委員が
判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着

失格
極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為によって、競走に重大な支障を生じさせたと裁決委員が
判断した場合、加害馬は失格


http://www.jra.go.jp/judge/

2013年1月20日 中山11Rアメリカジョッキークラブカップ
レース映像
http://web-cache.stream.ne.jp/web/jra/onetag/subwindow.html?movie=rtmp://fms-jra.stream.co.jp/jra-fms/_definst_/mp4:jra_seiseki/2013/0120/201301060711&ua=4&type=2&thum=
パトロールビデオ
http://web-cache.stream.ne.jp/web/jra/onetag/subwindow.html?movie=rtmp://fms-jra.stream.co.jp/jra-fms/_definst_/mp4:jra_seiseki/2013/0120/201301060711p&ua=4&type=2&thum=

long1034982
long1034983
long1034984
long1034985
long1034986
long1034987

11Rにおける制裁 第1位に入線した3番ダノンバラード号(F.ベリー騎手)は、最後の直線コースで急に内側に斜行し、5番トランスワープ号(大野 拓弥騎手)及び6番ゲシュタルト号(勝浦 正樹騎手)の進路が狭くなりました。
このことについて、5番トランスワープ号(2位入線)の調教師及び騎手から、最後の直線コースにおける3番ダノンバラード号(1位入線)の進路の取り方について、降着の裁決を求める申立てがありましたが、その影響がなければ5番トランスワープ号は3番ダノンバラード号より先に入線したとは認めなかったため、棄却しました。
 ただし、F.ベリー騎手は、1月26日(土)から2月10日(日)まで騎乗停止となりました。

トランスワープ陣営からの申立てにより審議のランプがつく

スポンサードリンク